Suicaがオフィス、ホテル、マンションの鍵に--「Suicaスマートロック」2021年冬開始へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本メカトロニクスとアートは8月30日、交通系ICカードを入退室の鍵として利用できる「Suicaスマートロック」サービスを発表した。2021年冬に提供を開始する。

「Suicaスマートロック」
「Suicaスマートロック」

 Suicaスマートロックは、JR東日本の「Suica 認証情報提供サービス」を活用し、「Suica」や「モバイル Suica」など、交通系ICカードのID番号で入退室認証をする、JR東日本公認のサービス。手持ちの交通系ICカードを、スマートロックのカギとして利用できる。

 本サービスは、アートが提供するクラウド対応の入退室管理システム「ALLIGATE(アリゲイト)」のサービスと、JR東日本メカトロニクスが提供する各種IDを連携するシステム「ID-PORT(アイディ・ポート)」を接続することで実現した。

 手持ちのSuicaを利用し、ユーザー自身がオンラインでSuica情報を登録するため、管理側でのカード発行が不要になり、管理コスト削減や業務の省力化、非対面での手続きが可能となる。

利用イメージ
利用イメージ

 クラウドの活用で専用サーバが不要となり、入退室のログも、サーバー容量に制限されることなく保管ができる。一時的な期間・時間限定での入室者登録ができる「ゲスト予約」機能等も備える。汎用のリーダーやスマートロックを活用することで、比較的容易に導入ができ、導入用途に応じた端末、導入プランも用意している。

 本サービスは、12月頃のサービス開始と同時に、各施設への導入を進める予定。導入施設は、オフィス、ホテル、マンション、商業・スポーツ等の各種複合施設、研修センター、駐車場、ロッカー等を想定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]