人型ロボット「Atlas」、軽快なパルクールを披露--Boston Dynamicsが動画公開

Leslie Katz (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月18日 13時31分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Boston Dynamicsのロボット「Atlas」は以前に公開された動画でも悠然と障害物を避けていたが、あれからパルクールの技術をさらに向上させたようだ。同社が公開した新しい動画では、この二足歩行ロボットが平均台の段差を跳ね飛び、横切る様子が見られるが、これと比較するとほとんどの人間はのろまにみえてしまう。

Atlasのパルクール
オッケー、楽勝さ。
提供:GIF by Leslie Katz/CNET

 後ろ宙返りや逆立ちもできるAtlasは以前、パルクールで素晴らしいバランス感覚を持っていることを見せつけていた。今回の動画に見られる違いは、今やAtlasは見た物に合わせて行動を変えられるという点だ。つまり、エンジニアはAtlasが遭遇するかもしれない全ての段差や台に対して、事前にジャンプのモーションをプログラミングする必要がない。Atlasはより独立したアスリートになったということだ。

 当初は捜索や救助のために設計されたAtlasは、2013年に一般公開された。全長1.5m、体重は89kgある。バッテリー駆動で、28自由度の油圧作動式だ。

 Boston Dynamicsは強力な人型ロボットをより器用にするために取り組んでおり、パルクールこそAtlasにとって完璧なテストになると認識している。パルクールのトレーニングは全身に有用で、異なる状況であってもバランスを保つこと、行動と行動の間をなめらかに移行することが求められる。

 「われわれはAtlasを限界まで押し上げる方法を模索しており、時には限界の状態で操縦することもある」とAtlasのコントロールリードを務めるBenjamin Stephens氏は語った。「顔面から落ちた後に立ち上がって、再びやり直すことができるロボットを作るにはどうすれば良いか、パルクールから多くのことを学ぶことができる」。顔面から落ちたり衝突したりする様子は、公開された動画から確認できる。


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]