Kickstarter

ビデオ会議向け大型キーボード「ChonkerKeys」--手のひら大ボタンで素早く操作

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにより、ビデオ会議を利用することが当たり前になった。当初はマイクやカメラをオンにすべきか、オフにすべきかなど迷うこともあったが、今では慣れたものだ。

 しかし、慌てているといまだに操作を間違えてしまう。ミュートし忘れていたマイクを切りたいのに、別のボタンを押したりする。操作をキーボードに割り当てていても、どれを押すべきか忘れてしまう。

 そこで、ビデオ会議向けに作られた大型キーボード「ChonkerKeys」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

ビデオ会議で便利な専用の大型キーボード(出典:Kickstarter)
ビデオ会議で便利な専用の大型キーボード(出典:Kickstarter)

 ChonkerKeysは、手のひらサイズの大きなボタンが並んだ外付けキーボード。PCにUSB接続すると、Zoomなどのビデオ会議アプリを操作できる。それぞれのボタンが、マイクやカメラのオン/オフ、会議室からの退出、画面共有、チャットなどの機能に割り当てられているうえ、ボタンが大きいので間違えることなく素早く押せそうだ。

素早く確実に押せる大きなボタン(出典:Kickstarter)
素早く確実に押せる大きなボタン(出典:Kickstarter)

 ボタンの数は、「The Original」モデルが5個。9個または11個で変更可能な「The Max」モデルも用意する。ボタンの位置は、好みに応じて動かせる。マイクとカメラの動作状態が一目で分かるように、マイク用とカメラ用のボタンにはLEDが組み込まれている。LEDが緑に光っている場合はオン、赤の場合はオフを意味する。

ボタン数の異なる2モデル(出典:ChonkerKeys公式Facebookページ)
ボタン数の異なる2モデル(出典:ChonkerKeys公式Facebookページ)
ボタンの位置は変更可能(出典:Kickstarter)
ボタンの位置は変更可能(出典:Kickstarter)
ボタンの種類も変更可能(出典:Kickstarter)
ボタンの種類も変更可能(出典:Kickstarter)

 現在のところ、Windows 10とZoom、Teamsで動作確認済み。SkypeとiPad Proでの動作はテスト中。WebexとMacは対応させる予定。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間9月9日まで。記事執筆時点(日本時間8月12日11時15分)でキャンペーン期間は28日残っているが、すでに目標金額15万香港ドル(約212万8000円)を上回る約18万4000香港ドル(約261万円)の資金を集めている。

ChonkerKeysの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]