電子マネーnanacoとWAON、年内にもApple Payに対応

坂本純子 (編集部)2021年08月10日 13時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 流通系大手2社が発行する電子マネーが年内にApple Pay対応へ――。セブン&アイ・ホールディングスは8月10日、グループ傘下のセブン・カードサービスが展開するグループ独自の電子マネーnanaco(nanaco)を、年内にApple Pay対応を開始すると発表した。

電子マネーnanaco(nanaco)を、年内にApple Pay対応
電子マネーnanaco(nanaco)を、年内にApple Pay対応

 また、イオンも同日、イオンの電子マネーWAON(WAON)のApple Pay対応を年内に開始することを発表している。これにより、nanacoとWAONがiPhoneやApple Watchでも利用できるようになる。

 いずれも、サービスの内容や開始日については、詳細が決まり次第発表するという。

 nanacoは、2007年4月にサービスを開始し、約7400万人の会員を有する(2021年7月末現在)。セブン-イレブン、イトーヨーカドーをはじめとするセブン&アイグループ各店および外部加盟店の約80万店で利用できる。セブン&アイグループは、今後もnanacoを通じたキャッシュレス決済を推進し、お客様の利便性向上に努めるとしている。

イオンの電子マネーWAON(WAON)も年内にApple Pay対応
イオンの電子マネーWAON(WAON)も年内にApple Pay対応

 WAON(WAON)は、2007年4月にサービスを開始し、累計発行枚数8766万枚、全国約84万カ所以上で利用されている。イオンは、中期経営計画において「デジタルシフトの加速と進化」を掲げており、デジタル化への取り組みを進めている。新たにiPhoneやApple WatchでWAONを使えるようにすることで、さらなるサービス拡充に努めるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]