野村不動産、AIで不動産管理する「管理ロイド」のTHIRDに出資

加納恵 (編集部)2021年08月05日 13時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村不動産ホールディングスは8月5日、AI搭載の不動産管理プラットフォーム「管理ロイド」を開発、運営するTHIRDに、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合」を通じ、出資したと発表した。建物管理の野村不動産パートナーズにてサービス導入、協業を開始した。

THIRD事業計画概要資料より
THIRD事業計画概要資料より

 管理ロイドは、不動産管理に必要な一連の業務を1つのシステム上で完結させるSaaS型ソフトウェア。7月末時点で1000社以上の不動産管理会社が導入している。

 野村不動産ホールディングスは、THIRDの高いAI開発力、豊富なコンストラクション・マネジメント経験によって不動産管理、修繕業務を高度に理解している点を特に評価。今回の業務資本提携に先駆け、ビル管理事業・マンション管理事業を担う、野村不動産パートナーズにて約30棟の管理物件で、管理ロイドのサービス導入検証をしたのち、6月から本格導入を開始、順次導入を進めている。

 今後は管理品質向上と業務効率化を実現する機能強化、AI開発における言語処理の開発協力などの協業を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]