「Googleマップ」、iOS版にもダークモードを追加

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年08月04日 12時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まもなく、「Googleマップ」を使う際に、「iPhone」スクリーンのまぶしさから目を守ることができるようになる。Googleは米国時間8月3日の公式ブログで、数週間のうちに、Googleマップで「iPhone」と「iPad」向けに「ダークモード」の提供を開始することを明らかにした。8月中に「iOS」版で全員が利用可能になる。今回のアップグレードは、Googleが「Android」端末向けのダークモードを発表してから約6カ月後の対応となった。

Googleマップのダークモード
数週間中に、「iPhone」「iPad」でGoogleマップのダークモードが利用できるようになる。
提供:Google

 ダークモードのアップデートに加え、Googleはリアルタイムの位置情報を友人や家族にシェアできる機能も導入する。この機能は最大3日まで位置情報をシェアできるが、デフォルト設定では1時間となっている。また、ユーザーはいつでも位置情報のシェアを停止することができる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]