グーグル、バグ報告用の新サイト「Google Bug Hunters」開設--10年間の報奨金は32億円超

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、同社のソフトウェアに関係する脆弱(ぜいじゃく)性やバグを報告しもらう制度「Vulnerability Rewards Program(VRP)」について、報告や意見交換をより手軽に実行できるよう、新しいウェブサイト「Google Bug Hunters」を開設した。

VRPを改善(出典:Unsplash)
VRPを改善(出典:Unsplash)

 VRPは、2010年11月に運営を始め、セキュリティ研究者などからのバグ報告を受け付けてきた。開始から10年強で、報奨金の支払い対象となったバグの件数は1万1055件、研究者の数は2022人だという。報奨金は、総額2935万7516ドル(約32億2257万4531円)になった。

 Googleは、バグを報告しやすくするため、同社の各種サービスやAndroid、Chromeなどに関する問題について、すべてBug Huntersで報告を受け付ける。そして、意見交換や検討などにつかえるコミュニティを運営する。ゲームミフィケーションなどのコンテンツも用意し、コミュニケーションの活性化を図る。バグ調査のスキル向上を支援するコーナー「Bug Hunter University」も開設した。

Google Bug Huntersを開設(出典:Google)
Google Bug Huntersを開設(出典:Google)

 なお、VRPに貢献した報告者は、新たな仕事を見つけるチャンスも得られるそうだ。ちなみに、Googleはこれまで20人弱の報告者をVRP部門で採用している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]