FacebookのQ2決算、売上高56%増--今後の伸び鈍化を予想

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年07月29日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大のソーシャルネットワークサービス(SNS)Facebookは、誤情報を取り締まるよう、議員や規制当局による圧力が高まるなか、ユーザーの獲得を続けている。しかし、第3、第4四半期は、売上が増加するペースが鈍化するとの厳しい見通しを示した。

Facebook
提供:James Martin/CNET

 Facebookは米国時間7月28日、第2四半期決算(6月30日締め)を発表した。6月30日の時点で月間アクティブユーザー数(MAU)は29億人となっており、前年同期比で7%増加している。ユーザーの訪問が堅調なことなどが後押しし、第2四半期の売上高と利益はアナリストの予想を上回った。

 売上高は前年同期比56%増の285億8000万ドルだった。1株あたり利益は3.61ドルで、Thomson Reutersがまとめたアナリスト予測の平均値である3.03ドルを上回った。

 MAUは世界全体で見ると増加したが、欧州では第1四半期から第2四半期にかけて300万人減少し、4億2000万人となった。米国は横ばいの2億5900万人だった。

 またFacebookは今後の見通しについて、広告ターゲティングに関して引き続き、2021年は規制のほか、特に最近の「iOS」のアップデートなどのプラットフォームの変更による逆風が増すと予想している。第2四半期と比べ、第3四半期に影響が増す見通しだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]