ベゾス氏、NASAの有人着陸システム契約獲得に向け約2200億円の負担を提案

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月27日 10時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Blue OriginとAmazonの創設者であるJeff Bezos氏は米国時間7月26日、米航空宇宙局(NASA)がHuman Landing System(HLS:有人着陸システム)の2社目の契約先としてBlue Originを選べば、最大20億ドル(約2200億円)の費用を負担すると提案した。アポロ計画の終了以降初となる、宇宙飛行士を月に送り込むことを目的としたHLSの契約先は、Elon Musk氏のSpaceXに決定している。

Blue Originの有人飛行の搭乗者ら
提供:Blue Origin

 「宇宙における米国の未来を前進させるために、NASAは今、早急かつ確実に月面に戻る必要があると、われわれは確信している」と、Bezos氏はNASAのBill Nelson長官に宛てた公開書簡に記した。「NASAが行うべきことはただ、この提案を利用することだ」(Bezos氏)

 今回のBezos氏の書簡送付に先立ち、Blue Originは20日、初めての有人宇宙飛行を成功させている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]