アップル、米従業員のオフィス復帰を先送りか--コロナ感染再拡大で

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月21日 07時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、新型コロナウイルスの感染者数が多くの地域で増加していることを受けて、米国で従業員のオフィス復帰を少なくとも1カ月延期すると報じられている。Bloombergの米国時間7月20日付の記事によると、Appleは、オフィス復帰を早くとも10月まで先送りし、従業員には復帰の1カ月前に通知することになるという。

Apple Park
提供:James Martin/CNET

 Appleはこれまで、9月からは少なくとも週3日オフィスに出社することを従業員らに求めていた。しかし一部の従業員らからは、その計画に反対する声が上がっていた。従業員らは今週、この2カ月で2回目となる嘆願書を新たに作成して社内で共有し、より柔軟な勤務形態を経営陣に求めていると報じられていた。

 Appleにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。同社は以前に、社内に対して、従業員間の対面でのコラボレーションが自社の企業文化と未来にとって不可欠だと確信していると説明していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]