アップル従業員、リモートワーク継続を求め再び嘆願書

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年07月20日 13時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleなどの大手テクノロジー企業では、新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来となるオフィスの再開にあたり、経営陣と従業員の間で勤務形態をめぐる議論の対立が続いている。Appleは、9月から少なくとも週に3日出社するよう従業員に求めている。

Appleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 これに対し、Appleの従業員らは今週、この2カ月で2回目となる嘆願書を新たに作成して社内で共有し、より柔軟な勤務形態を経営陣に求めているとRecodeが報じた。この嘆願書は2種類の形態を提示するもので、上司の承認を得れば週に5日自宅や他の場所からリモートで勤務できる選択肢を従業員に与える内容となっている。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

 Appleの従業員によるこうした反発は、この1年の実験的なリモートワークがおおむね成功したにもかかわらず、テクノロジー業界のトップ企業がリモートワークにどれほど違和感を抱いているのかを示す出来事だ。こうした企業では、オフィスに復帰する時期と方法を発表する前から、多くの従業員がリモートワークを恒久的な選択肢にするよう求め始めていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]