マイクロソフトの「Windows 365」、構成の1つは月額約3400円

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年07月16日 11時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、オンラインで開催中のパートナー向けカンファレンス「Microsoft Inspire」のセッションで、「Windows 365 Cloud PC」のSKUの1つについて正式価格と思われる情報を明らかにした。

Windows 365
提供:Microsoft

 Microsoftは、Windows 365を「Business」と「Enterprise」の2種類のプランで提供することを明らかにしている。セッションを視聴したDerek Gabriel氏(Twitterアカウントは「@dsghi」)は「Windows 365」BusinessプランのSKUの1つとする画面キャプチャーを公開しており、それを見ると、価格は1ユーザーあたり月額31ドル(約3400円)となっている。これは、ユーザー数最大300人までの顧客が仮想CPU(vCPU)2基、4GBのRAM、128GBのストレージを利用する場合の料金だ。このSKUは、デスクトップ版の「Office」アプリ、「Outlook」「OneDrive」、デスクトップ版の「Teams」のほか、「Visual Studio」「Power BI」「Dynamics 365」をサポートし、オンラインで「Cloud PC」にアクセスして管理できる。

 Microsoftの広報担当者は、「これは1つのSKUの価格にすぎない。8月2日の一般提供(GA)開始時には、構成や価格帯を含め、さらに多くのオプションについてお知らせする」と認めた。

 Microsoftは米国時間7月14日、リリース予定の各SKUと想定ユーザーを表で示した。それによると、フロントラインワーカーやコールセンター、教育、研修、顧客関係管理(CRM)へのアクセスなど、シンプルなニーズのユーザー向けにvCPU 1基、2GBのRAM、64GBのストレージを利用できるライセンスから、ソフトウェア開発者、エンジニア、コンテンツクリエイター、デザイナー向けにvCPU 8基、32GBのRAM、512GBのストレージを利用できるライセンスまで、構成は多岐にわたる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]