トヨタのウーブン、道路情報の解析技術を持つ米CARMERA買収--車載カメラ映像で地図更新

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスは、自動運転で必要とされる道路情報の解析技術を持つ米国企業CARMERA(カーメラ)について、買収して子会社化すると発表(ウーブン・プラネットCARMERA)した。CARMERAは、買収に合意済み。

CARMERAがトヨタグループに(出典:ウーブン・プラネット)
CARMERAがトヨタグループに(出典:ウーブン・プラネット)

 CARMERAの技術を利用すると、自動車に搭載したカメラや各種センサーで取得した映像などのデータを解析し、道路に関する情報の自動抽出が可能になる。大量の自動車から得られる情報を集約して解析すれば、車線や信号、標識などの変化を迅速に把握できる。

映像から道路情報を抽出(出典:ウーブン・プラネット)
映像から道路情報を抽出(出典:ウーブン・プラネット)

 今後、CARMERAはウーブン・プラネットの事業会社であるウーブン・アルファに協力し、自動地図生成プラットフォーム「Automated Mapping Platform(AMP)」の開発を支援する。AMPにCARMERAの技術を組み込むことで、同僚の変化情報を「ほぼリアルタイム」に自動運転で用いられる高精度地図へ反映できる。ウーブン・プラネット側はAMPの開発を加速させ、商業化への移行を目指す。

 なお、ウーブン・プラネットは前身のトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)時代からCARMERAと協力関係にあり、車載カメラを使った地図の生成や更新に関する技術を研究していた。

車載カメラの映像を解析(出典:ウーブン・プラネット)
車載カメラの映像を解析(出典:ウーブン・プラネット)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]