フォトシンス、17.5億円の資金調達を実施--累計調達額は約70億円に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォトシンスは7月7日、フィデリティ・インターナショナル、SBIインベストメント、および既存株主である三井不動産CVC、NTTドコモ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により、総額17.5億円の資金を調達したと発表した。

フォトシンスの累計調達額は約70億円になる
フォトシンスの累計調達額は約70億円になる

 今回の資金調達には、すでに発表済みのJR東日本スタートアップ、コクヨ、野村不動産グループCVCファンドとの資本業務提携も含まれており、今回の資金調達を含めたこれまでの累計調達額は、約70億円となる。また、社外取締役として井上英輔氏、技術顧問として及川卓也氏が新たに就任した。

 フォトシンスは、「Akerun入退室管理システム」を主要サービスとし、累計5000社以上の企業への導入実績がある。1月には、美和ロックとの合弁会社MIWA Akerun Technologiesを設立し、スマートロックやサービスの開発に取り組んでいる。

 今回の調達資金をもとに、あらゆる扉をインターネットにつなげてさまざま場所やシーンへのアクセス管理を実現するアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」を通じて、オフィスや住宅、ホテルなどの利用シーンを問わないキーレス社会の実現をさらに加速することで、さまざまな空間を一つのAkerun IDでシームレスに移動・活用できる世界を目指すとしている。

 具体的には、Akerun Access Intelligenceを推進するための、ハードウェア・ソフトウェア製品、サービスの研究開発に加え、顧客企業のニーズや課題に応えるサポート体制の拡充、全国に広がる販売網の強化と販売促進活動の強化、経営管理部門の拡充等に投資する予定だ。

 今後は、現在の150名規模の事業から、事業基盤の強化にともない、開発、カスタマーサクセス、営業・マーケティング、経営管理の各部署でのさらなる人員拡充を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]