ヤフー、「マイナポータル」と連携した行政手続きのオンライン申請サービス開始--民間初

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは6月29日、生活に必要な情報を自治体ごとに確認できるサービス「Yahoo!くらし」において、内閣府が提供する「マイナポータル」と連携した行政手続きのオンライン申請サービス「オンライン行政手続きサービス」のベータ版を提供開始した。

キャプション

 同サービスは、行政手続きを「Yahoo!検索」から申請までシームレスに提供するもので、民間企業で初めて「マイナポータル」と連携したオンライン申請サービスとなる。まず、子育てや介護、被災者支援などの分野において申請を開始し、対応する自治体や行政手続きを順次拡充する。標準様式の対象手続きは6月29日には25件だが、6月30日に6件、近日中に15件が追加されるという。

キャプション
対応する手続き

 「Yahoo!検索」にて「罹災証明」や「介護手当」などの行政手続きを検索すると、Yahoo! JAPAN IDの登録住所から自動で自治体を判定。自治体別のオンライン申請に進む。申請に必要な氏名や住所も、IDの登録情報から自動で入力し、申請作業の軽減につながるという。なお、判定された自治体情報は他の用途では利用しないとしている。

キャプション
キャプション
申請手順

 なお、多くの申請においては、電子署名時にマイナンバーカードが必要(電子署名は、野村総合研究所の「e-NINSHO」サービスと連携した本人確認を実施)となる。マイナンバーカードの読み取りには、「Yahoo! JAPAN」アプリ(iOS/Android版)を利用する。

 一方で、手続きごとに必要なアクション数を事前提示するほか、書類添付時などに画像を用いて手順を説明するなど、迷わず簡単に申請できるように工夫しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]