マイクロソフト、「Windows 11」を発表--デザイン一新、Androidアプリも動作可能に

坂本純子 (編集部)2021年06月25日 02時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは6月24日、次世代のWindowsについて紹介するイベント「What's Next for Windows」を開催し、「Windows 11」を発表した。2021年後半にリリース予定だ。Windows 10からは無償でアップデートできる。なお、6月28日週からWindows Insiderプログラムで早期ビルドを配信開始する予定。

 Windows 11は、スタートメニュー、ホーム画面などを一新。シンプルなデザインにするとともに、新たに用意されたウィジェットでニュースや株価、エンターテインメント情報などにアクセスしやすくしている。

新たなウィジェット
新たなウィジェット

 また、Microsoft TeamsをWindows 11に組み込み、デスクトップからコンタクトを簡単にとれるようにした。

Microsoft TeamsをWindows 11に組み込んだ
Microsoft TeamsをWindows 11に組み込んだ

 このほか、AndroidアプリをWindowsに導入することを発表。発表会では、Windows 11上でTikTokが動作するデモを披露した。

Windows 11上でTikTokが動作するデモ
Windows 11上でTikTokが動作するデモ

 Amazonとのパートナーシップにより、AndroidアプリとゲームのカタログをWindowsに導入。Microsoft Storeを一新し、Microsoft StoreでAndroidアプリを探したりAmazon Appstoreからダウンロードしたりできるようになる。

Amazonとのパートナーシップにより実現
Amazonとのパートナーシップにより実現

 なお、Windows 11が動作するシステムの最小要件は、1GHz以上で2つ以上のコアを有する64bitCPUまたはSoC、RAM4GB、ストレージ64GB、9インチ以上、HD解像度 (720p)のディスプレイなど。また、ウェブサイトでは、現在使用しているPCがWindows 11を動作するために必要な要件を満たしているかどうかをチェックできるアプリも公開中だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]