アップル、ディスプレイを巻物状に丸めてボディ内へ格納するデバイス--特許取得

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 柔軟性があって曲げられる表示デバイスが実用化されたことで、折りたたみ可能なフォルダブル型スマートフォンが市場に登場した。こうした表示デバイスの応用として、Samsung DisplayAppleは巻物のようにディスプレイを丸めるデバイスに関する特許を取得している。カナダのクイーンズ大学は、実際に丸められるタブレット「MagicScroll」を試作した。

 さらにAppleは、ディスプレイを巻き取れるデバイスに関する新たな技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間6月22日に「ELECTRONIC DEVICE WITH FLEXIBLE DISPLAY STRUCTURES」(特許番号「US 11,044,822 B2」)として登録された。出願日は2020年2月21日、公開日は2020年6月18日(公開特許番号「US 2020/0196460 A1」)。

登録されたAppleの特許(出典:USPTO)
登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、柔軟性のあるディスプレイをローラーへ巻き付けて格納可能なデバイスを説明したもの。内部にローラーを持つ第1の部分と、ディスプレイのローラー側とは反対の端が取り付けられた第2の部分に分かれている点が特徴だ。

ボディ内にディスプレイを丸めて格納(出典:USPTO)
ボディ内にディスプレイを丸めて格納(出典:USPTO)

 第2の部分を第1の部分から遠ざける方向へ動かすことで、ディスプレイを好きなサイズに引き出せる。そのため、必要に応じて画面サイズを変えられる。ディスプレイに表示するピクセルデータの転送は、デバイス本体から有線接続を介しても、無線接続経由でも実行できる。

 ディスプレイは、巻き取られている状態と引き出されている状態を区別できるようになっていて、状態に応じて動作を切り替えられる。また、磁石を使うことで、広げたディスプレイに“しわ”を寄らせないアイデアにも言及している。

デバイスの形状は多彩(出典:USPTO)
デバイスの形状は多彩(出典:USPTO)

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]