logo

丸めると円筒型、広げるとタブレット形で使える変形デバイス「MagicScroll」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナダのクイーンズ大学Human Media Labは、薄く柔軟な表示デバイスを利用し、実際に作動する巻物のように丸められるタブレット「MagicScroll」を試作した。

巻物のように丸められるタブレット(出典:Human Media Lab)
巻物のように丸められるタブレット(出典:Human Media Lab)

 MagicScrollは、7.5インチ、2K表示の曲げられるディスプレイを、円筒形の本体に巻きつけたデバイス。タッチパネルもディスプレイと一体化しており、タブレットやスマートフォンと同じように使える。円筒形のままで電話をかける、といった操作もできる。

 本体の両端には、回せるダイヤルが設けられており、このダイヤルでも表示内容をスクロールさせられる。長いリストを上下に移動しながら情報を探す場合などに、スワイプより操作しやすいかもしれない。

ダイヤルでも表示内容をスクロール(出典:Human Media Lab)
ダイヤルでも表示内容をスクロール(出典:Human Media Lab)

 広い画面を使いたい場合は、本体からディスプレイを外して広げるとよい。この形状にすると、Appleが取得した特許「ELECTRONIC DEVICES WITH RETRACTABLE DISPLAYS」で言及しているデバイスと似たデザインになる。

広い画面を使いたい場合はディスプレイを広げる(出典:Human Media Lab)
広い画面を使いたい場合はディスプレイを広げる(出典:Human Media Lab)
地図などが見やすくなる(出典:Human Media Lab)
地図などが見やすくなる(出典:Human Media Lab)
Appleが取得した巻物風タブレットの特許(出典:USPTO)(出典:Human Media Lab)
Appleが取得した巻物風タブレットの特許(出典:USPTO)(出典:Human Media Lab)

 本体両端のダイヤルにはアクチュエータも組み込まれていて、本体側の制御で回転する。これにより、MagicScrollをテーブルの上などで移動させたり、立てて置いたMagicScrollをスピンさせたり、といったことが可能。また、MagicScrollはカメラも搭載し、円筒形にした状態でジェスチャー操作もできるという。

 なお、MagicScrollのアイデアは、古代から使われてきた巻物のほか、「ROLODEX(ローロデックス)」といった回転式の名刺ホルダーからも着想を得たそうだ。

MagicScrollの紹介ビデオ(出典:Human Media Lab/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]