ビットキー、32億円超の第三者割当増資を実施--累計資金調達は約90億円に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビットキーは6月16日、8パートナーを引受先とする第三者割当増資を実施し、32億円超の資金を調達したと発表した。創業から2年9カ月で、第三者割当増資による累計資金調達は、約90億円となる。

各社の製品・サービスとともにつくる「homehub」「workhub」
各社の製品・サービスとともにつくる「homehub」「workhub」

 ビットキーは、2019年にスマートロック「bitlockシリーズ」の販売を開始し、住宅やオフィス向けに、人・モノ・サービス・空間をつなげることで新しい価値を生み出すプラットフォーム事業を展開している。

 2020年からは、暮らし向けに「homehub」、仕事向けに「workhub」を公開。アプリとSaaSが一体となり、リアルなデバイスや設備と連動する、新たなコネクトプラットフォームの提供を開始している。

 ビットキーによると、これらはインフラ事業であり、あらゆる業種の企業やそのアセット、サービス、プロダクトとの連携が不可欠で、これまでにも多くの企業の賛同があったという。

 今回、オカムラ、サンケイビル、ダイキン工業、東京建物、日鉄興和不動産、パナソニック、プライム ライフ テクノロジーズの7社、およびスパークス・グループが運営し、トヨタ自動車、三井住友銀行などが出資する「未来創生2号ファンド」が、「プレシリーズBラウンド1st」第三者割当増資の引受先となり、パートナーとして事業共創に参画する。

 なお、各社の出資金額は非公開。現在は「プレシリーズBラウンド2nd」が進行中だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]