スクエニ、NFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」--LINE Blockchainを活用

佐藤和也 (編集部)2021年06月10日 16時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは6月10日、2021年夏に発売予定のブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」のティザーサイトを公開した。

 「ミリオンアーサー」シリーズは、スマートフォン向けゲーム「拡散性ミリオンアーサー」から始まった作品群。資産性ミリオンアーサーで提供するNFTデジタルシールは、NFTが持つ特性に加え、絵柄が一枚一枚異なるもの。そのため、ユーザーはデザイン面においても唯一無二のNFTデジタルシールを所有することが可能という。NFTデジタルシールをコレクションする際には、購入済みのデジタルアセットをブラウザ上で管理する専用の「シールホルダー(仮称)」で提供予定としている。

 ブロックチェーンには、LINEが独自に開発した「LINE Blockchain」を採用。NFTデジタルシールのトレードに関してはLINE社が提供予定のNFTマーケットプレイスで実施する。LINE Blockchainは、数億人にのぼるLINEユーザーへのサービス提供に耐えられるよう設計。LINE Blockchainで発行したトークンをLINEアカウントと紐づくデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で管理・連携させることで、LINEのユーザー基盤を活かしたサービスの構築が可能としている。

「資産性ミリオンアーサー」イメージビジュアル
「資産性ミリオンアーサー」イメージビジュアル

(C)2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by double jump.tokyo Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]