ソフトバンク、Skyloの衛星通信サービスを日本で展開へ--“非地上系”ネットワーク構築

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月9日、Skylo Technologiesと衛星通信サービスの日本での展開に向けた協業に合意したと発表した。

キャプション

 同社は、Skylo Technologiesが提供するIoT向け衛星ナローバンド通信サービスやOneWebが提供する低軌道衛星通信サービス、子会社であるHAPSモバイルが提供する成層圏通信プラットフォームを活用し、宇宙空間や成層圏から通信ネットワークを提供する非地上系ネットワーク(Non-Terrestrial Network:NTN)ソリューションの日本および、グローバルでの展開を推進していくという。

 また、顧客ニーズに合わせてNTNソリューションを提案するとしており、Skylo TechnologiesのIoT向け衛星ナローバンド通信サービスは、漁業や鉱業、海運業など、IoTの需要がある産業に対して、従来の静止衛星より低価格な接続を提供するという。

 OneWebの低軌道衛星通信サービスは、政府機関や企業、エンドユーザーに対して、従来の静止衛星より高速かつ、低遅延な通信サービスをグローバルで提供。HAPSモバイルの成層圏通信プラットフォームは、成層圏からLTEや5Gなどの通信サービスを提供。これにより、インターネット環境が整っていない地域でも、スマートフォンなどのモバイル端末を利用可能となる。

 同社は、世界中にインターネットを届けることで、通信環境が整っていないアナログな産業を一気にデジタル化して変革する社会を実現するため、シームレスにつながる先進的な通信サービスやDX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューションの提供を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]