NVIDIA、ゲーミングGPU「GeForce RTX 3080 Ti」などを発表--6月3日から順次発売

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年06月02日 10時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAはCOMPUTEX(台北国際コンピューター見本市)2021で、新しいグラフィックカード「GeForce RTX 3070 Ti」と「GeForce RTX 3080 Ti」を発表した。RTX 3080 Tiは6月3日発売予定で価格は1199ドル(約13万円)から、RTX 3070 Tiは6月10日発売予定で599ドル(約6万6000円)からとなっている。

GeForce RTX 3080 Ti
提供:NVIDIA

 RTX 3080 Tiの仕様は「RTX 3080」から全面的に強化されており、12GBの「GDDR6X」メモリー、「CUDA」コア1万240基、「Tensor」コア320基を搭載する。RTX 3080から飛躍的に向上した結果、上位モデルの「RTX 3090」に驚くほど近づいており、例えばRTX 3080 Tiの消費電力は350WでRTX 3090と同じだ。例外はメモリーの容量で、RTX 3090は24GBを搭載する。

 一方、RTX 3070 Tiの仕様は「RTX 3070」にかなり近いが、顕著な違いが1つある。メモリーの容量は同じだが、規格が「GDDR6」からGDDR6Xに変更され、メモリー帯域幅の大幅な向上が見込まれる。

 NVIDIAは、クリプトマイニング(仮想通貨採掘)用途の需要増加とGPUの品薄に対処し、マイニングに最適化したカード「CMP HX」を2月に発表した一方で、ゲーム用GPUについてはマイニング性能を下げて出荷している。ただし、まだ状況改善の見通しは立っていないようだ。NVIDIAは5月の決算発表の電話会見で、供給のひっ迫が下半期も続く見込みだと述べた。また、CMPカードはまだ米国で発売されていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]