logo

レアジョブ子会社、外国人向け「日本語スピーキング力」学習プログラムを開発する新会社

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レアジョブの法人向け事業子会社であるプロゴスは6月1日、JELLYFISHとの共同出資により、日本語スピーキング力学習プログラムの開発を担う新会社バベルメソッドを設立したことを発表した。日本で暮らす外国人材が“話す力”を習得するための基盤を産学連携で作りあげることを目指す。

キャプション

 人口減少社会を迎えた日本では、労働力確保に向け、今後ますます外国人材活用が進むと見込まれる。外国人材が日本での就労を目的とした在留資格を取得するためには、日本語能力試験(JLPT)の認定をはじめ一定レベルが必要となるが、JLPT は日本語を「読む力」「聞く力」に重点を置いた試験であり、実際に日本での生活や就労に不可欠な「話す力(日本語スピーキング力)」については、測定・証明する方法がないと同社では指摘する。

 今回設立したバベルメソッドでは、新たに日本語スピーキング力の学習プログラムを開発し、これらの課題解決に取り組んでいくという。世界中で広く普及している言語指標・CEFR(セファール)をベースとした「JF 日本語教育スタンダード(以下、JF スタンダード)」という日本語教育の基準をもとにプログラムの開発を進めていくとしている。

新会社のイメージ
新会社のイメージ

 今後は、プロゴスが英語スピーキング力分野で培ってきたノウハウと実績を生かし、東京外国語大学と日本語スピーキング力のアセスメント(測定)サービスを共同開発。日本語スピーキング力を定量的に測定・可視化することによって現状を把握し、効果的な学習に結びつけるベースとなる仕組みを構築する。そのうえで、プロゴス・JELLYFISHの知見を融合させ、日本語スピーキング力学習プログラムの開発を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]