アップルのクックCEO、「フォートナイト」めぐる訴訟で反論

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年05月24日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、米連邦地方裁判所に証人として出廷した米国時間5月21日、「iPhone」向けに提供されるアプリを同社が「App Store」の審査プロセスで選別しなければ、「ユーザー(と開発者)にとってひどいことになる」と主張した。

 同氏によると、Appleは週に約10万本のアプリを審査し、そのうち約4万本をさまざまな理由で却下している。そうしたプロセスがなければ、「有害な混乱状態になる」という。

 「開発者は、ストアが顧客にとって訪問したい安全で信頼できる場であることを拠り所にしている」とCook氏は述べ、そうした審査プロセスがなければ「当社はもはや、安全、セキュリティ、プライバシーを約束できなくなる」とした。

 Cook氏はEpic Gamesが示した主張に反論し、App Storeの慣行を擁護した。Epic Gamesは、同社のゲーム「フォートナイト」がApp Storeから削除されたことを受けて、Appleを提訴した。同ゲームが削除されたのは、Epic Gamesがこれにゲーム内通貨用の直接決済機能を実装し、Appleが開発者に課している30%の手数料を回避したためだ。Epic GamesはAppleの措置に対し、独占禁止法違反だと非難している。

 Appleは、App Storeのポリシーが主にデバイスの安全を保つことを意図したものだと主張しており、Cook氏の証言はこれに沿う内容だった。

 「当社の視点から見たプライバシーは、今世紀の最も重要な問題の1つだ。安全とセキュリティが(プライバシーの)基礎だ」(同氏)

 Epic Gamesは裁判所に提出した書類の中で、Appleが独占状態に物を言わせて「アプリ開発者に対し、アプリで使用されるデジタルコンテンツのアプリ内購入すべてでAppleの決済プラットフォーム『In-App Purchase』(「IAP」)の利用を強要している」と述べた。

 Cook氏は、もしAppleが開発者に対してIAPを利用するよう求めなければ、ユーザーにとって「大きな利便性の問題」になると主張した。ユーザーがクレジットカードの認証情報を「何度も」入力しなければならなくなり、不便なだけでなく詐欺の可能性も高まるという。

 同氏はさらに、「手数料を徴収する別の方法を見つけなければならなくなる。私はIAPが最も効率的な方法だと強く信じている」と語った。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]