logo

アマゾン、英国で2021年末までに従業員1万人を雇用へ

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月17日 09時02分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、2021年末までに英国で1万人の正社員を新規に雇用し、英国の従業員数を合計5万5000人にすると発表した。この前日には、米国とカナダで7万5000人を雇用する計画を明らかにしている。2021年の「Prime Day(プライムデー)」は6月に予定されており、約1カ月後に控えたタイミングで今回の計画が発表された。

Amazon
提供:Ben Fox Rubin/CNET

 また同社は今後3年間で1000万ポンド(約15億円)を投資して、最大5000人の従業員が新たなスキルを習得できるよう訓練し、政府の投資プログラムを支援する計画も発表した。

 Amazonは、荷物受け取りセンター1カ所とフルフィルメントセンター4カ所を新たに開設する。「ファッション、デジタルマーケティング、エンジニアリング、ビデオ制作、ソフトウェア開発、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習など幅広い分野で」人材を採用するとしている。また、人事やIT、財務のほか、健康と安全性に関する職や、顧客からの注文の受付や出荷に関わるチームなどで多数の雇用を創出するという。

 一方で、同社の労働環境には厳しい目が向けられている側面もある。4月には、アラバマ州の倉庫で労働組合結成を問う投票が行われたが、否決されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]