アップル、採用したばかりの元Facebook製品マネージャーを解雇--女性差別で

Sareena Dayaram (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月14日 07時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが最近採用したばかりのAntonio Garcia-Martinez氏を解雇したという。Axiosが米国時間5月12日遅くに報じた。同氏は作家で、著書「Chaos Monkeys」の中に性差別的な内容があったことに怒った従業員らから、採用に反対する声が上がっていた。

Appleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Garcia-Martinez氏のLinkedInプロフィールによると、同氏はかつてFacebookで広告ターゲティングの製品マネージャーを務めており、4月にAppleの広告チームの新しい役職に就いていた。2016年に出版された著書のスクリーンショットがTwitterで拡散しており、そこにはサンフランシスコのベイエリアの女性について、「世慣れしていると主張している割には流されやすくて弱く、甘やかされていて世間知らずで、往々にしてクズばかり」と書かれている。

 同氏の解雇に先立ち、2000人を超えるApple従業員が署名した、同氏の採用について調査を求める嘆願書が最近提出されていた。同氏はWIREDなどでも記事を執筆している。The Vergeがいち早く嘆願書を公開した。

 「女性や有色人種に対する同氏の公開された見解が見落とされたり無視されたりした経緯に関する調査と、そのようなことが二度と起こらないようにするための措置の明確な計画を要求する」と嘆願書には書かれている。また、「Chaos Monkeys」の中の女性に対する特定の記述について、「Appleが掲げるインクルージョンとダイバーシティーの理念に真っ向から反する」とも記されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]