logo

無人の自動運転車、交通事故による死亡や負傷を6割減らす--Nuroの調査レポート

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品などの配達業務向けとして無人走行可能な自動運転車を提供しているNuroは、この種の自動車が交通事故による死者や負傷者を約6割減らせる、との調査結果を発表した。

無人の自動運転車で交通事故の被害を低減(出典:Nuro)
無人の自動運転車で交通事故の被害を低減(出典:Nuro)

 Nuroは、交通事故で死者や負傷者が発生する原因として、自動車が大きく重くなったことに着目。そして、運転条件を変えずに、(1)乗員がいないこと、(2)車幅が狭いこと、(3)車重が軽いこと、(4)車体前面が比較的柔軟なこと、という4つの条件がどのように影響するか検討した。

 それによると、人間の運転する自動車をこうした条件の自動運転車に置き換えることで、事故1件ごと死亡リスクを58%、負傷リスクを62%下げられるという。車幅が狭くなると、交通事故を5%減らせる。また、乗員がいないため前方衝突時にキャビンを守る必要がなく、仮に歩行者に衝突してもリスクを20%以上減らせるとした。

4つの条件で道路を安全に(出典:Nuro)
4つの条件で道路を安全に(出典:Nuro)

 Nuroは、医薬品ピザの配達業務に無人自動運転車「R2」を提供している。R2は、幅が狭いため事故を起こしにくいという。事故時も、車内でなく外部の安全を優先させる設計を採用し、歩行者などを守る思想だそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]