プロパティエージェントとHOMMAが提携--米スマートホームに顔認証「FreeiD」導入検討へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロパティエージェントは5月10日、米・HOMMAと、プロパティエージェント子会社のDXYZが提供する顔認証IDプラットフォームサービス「FreeiD (フリード)」の導入に向けた、検討合意書を締結したと発表した。

顔認証IDプラットフォームサービス「FreeiD (フリード)」をHOMMAが米国で開発するスマートホームであるHOMMA HAUS への導入などを検討していく
顔認証IDプラットフォームサービス「FreeiD (フリード)」をHOMMAが米国で開発するスマートホームであるHOMMA HAUS への導入などを検討していく

 HOMMAは、米国の住宅にイノベーションを起こすことを目的にシリコンバレーで創業した、スマートでデザイン性の高い建売住宅を手掛けるスタートアップ。2016年に設立し、住宅の設計・開発および関連ソフトウエア開発を展開している。

 FreeiDは、入居者がアプリに顔情報を登録しておくことで、マンションに設置されている顔認証端末に顔をかざすと、エントランスの入場、メールボックス・宅配ボックスの解錠、エレベーターの呼び出し、各戸への入室が可能になるというもの。

 プロパティエージェントによると、今回、FreeiDサービスと、HOMMAが手掛けるIoTを駆使した利便性・デザイン性に優れたスマートホームとが、「デジタル技術を用いて、より豊かな住まいを提供する」という点において共通項が多く、双方のシナジー発揮を期待できると考え、FreeiD導入に向けた協議を行う合意書を締結するに至ったとしている。

 今後は、HOMMAが米国で開発するスマートホーム「HOMMA HAUS」への導入検討、および同社が日本で商業展開する際のFreeiDの組込みの検討を、両社およびDXYZの3社で協業していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]