アップル「AirTag」を体験--サイズ感、セットアップ、ストーカー防止機能など - (page 3)

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年04月28日 07時30分

迷惑な追跡を防ぐ機能

 AirTagの匿名性とプライバシーを悪用して、気づかれることなく他人を追跡しようとする人がいないとも限らない。Appleは、迷惑な追跡行為を防ぐ機能をいくつも用意している。

 一定期間、所有者の手元を離れていたAirTagは、動かされると警告のために音が鳴る。他人のAirTagについて警告が発せられるのに、iPhoneやAndroid端末は必要ない。例えば、筆者が自分のAirTagをあなたのバッグに入れ、立ち去ったとする。一定時間後、そのAirTagが少しでも動くと音が鳴るので、あなたはそのAirTagを発見できる。さらにNFC対応のiOSまたはAndroid端末を使って筆者のAirTagと通信し、それに関する情報(紛失モードかどうかなど)を確認することが可能だ。また、表示される指示に従ってバッテリーを外して無効化することもできる。

figure_5
提供:Patrick Holland/CNET

 以上のような状況のほか、iOSデバイスなら、持ち主から離れたAirTagの存在を警告できる。その場合は、未知のAirTagを鳴らして見つけ出すことができる。AirTagでは、環境がiOSかAndroidかによって機能の違いが多少はあるものの、ごく基本のレベルでは、スマートフォンがなくても、想定外のAirTagを見つけられるようになっている。

ペットや子どもにAirTagを使う

 AirTagが発表されると、筆者の友人は早速、子どもや飼い犬などいろいろなものにAirTagを付けたいとネット上で冗談を飛ばしていた。ペットに付けた場合、「探す」ネットワーク上にあるデバイスのBluetooth圏内にいないと位置情報は更新されない。飼い犬が森の奥深くまで駆け込んでしまったら、ほとんど役に立たないことになる。

 子どもに使う場合、AirTagは子どもの持ち物、例えばバックパックなどに付けることを想定されている。前述したとおり、AirTagには追跡を防ぐ機能が組み込まれているので、子どもの現在位置を追跡し続けるという使い方に最適とは言えない。ファミリー共有設定を有効にした「Apple Watch」を使う方がよさそうだ。

AirTagのアクセサリー

 AirTagは小さいので、バッグのポケットなどに入れることもできる。しかし、キーホルダーに付けるための穴がないので、持ち物に取り付けたければ、ケースを購入して併用する必要がある。Appleからは、以下のようなAirTag専用のキーリングホルダーが販売されているし、サードパーティーからも既に各種のケースが登場し始めている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]