logo

Rimo、日本語特化のAI文字起こしサービス「Rimo Voice」で法人利用に対応

佐藤和也 (編集部)2021年04月26日 15時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Rimo合同会社は4月26日、日本語に特化したAI文字起こしサービス「Rimo Voice」について、法人での利用に対応したと発表。法人単位や部署単位など、チームで使った分だけを支払えるようになるという。

 Rimo Voiceは、PCやスマートフォンのブラウザを使った録音、もしくは既存の音声データをアップロードすることで、文字起こしデータを作成。日本語に特化した自然言語処理技術を使っているため、句読点を含めた自然な日本語を読み込むことができるとうたう。2020年9月にリリースしユーザー数は1万を突破。4月時点でユーザーの2割以上が、法人利用者となっており、法人での利用が増えてきているという。

 法人向けの対応については、基本的に同一ドメインを法人としてまとめることができ、メンバーごとあるいは部署などのチームごとに利用明細を取得、決済が可能となる。決済は、定額制だけではなく従量課金にも対応。メンバーが使った分だけをまとめて支払うといったこともできるとしている。仕組みとしては、法人や部署単位などユーザーの利用方法に合わせてチームを作ることができるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]