JリーグとKONAMI、モバイル版「ウイイレ」での「eJリーグ」を2年ぶりに開催

佐藤和也 (編集部)2021年04月20日 19時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とコナミデジタルエンタテインメントは4月20日、「明治安田生命eJリーグウイニングイレブン2021シーズン」を共同開催すると発表した。

「明治安田生命eJリーグウイニングイレブン2021シーズン」告知画像
「明治安田生命eJリーグウイニングイレブン2021シーズン」告知画像

 この取り組みは、スマートフォンを活用したeスポーツを通して、新しいサッカーの楽しみ方を提供し、サッカーファンの拡大を目指すという、双方の目的が一致したことから共同で実施されるもの。2019年に行った「eJリーグウイニングイレブン2019シーズン」から2年ぶりの開催となる。

 今回は、モバイルゲーム「eFootball ウイニングイレブン2021」を競技タイトルに、J1・J2の全42クラブが代表メンバーを選出して行うクラブ対抗戦として開催。各クラブのメンバーは「15歳以下(U15)」「18歳以下(U18)」「全年齢(フル)」の年齢別3選手で構成。各クラブには成績順位に応じて賞金が用意され、今シーズンの総額は1500万円となっている。

 大会にあわせた特別配信番組やゲーム内キャンペーンの他、Jクラブサポーターを含めたさらなる盛り上がりを目指し、eJリーグの盛り上げに貢献したサポーターのクラブへ賞金を授与する「eJリーグサポーター賞」を新設するなど、新たな取り組みも行う予定。

 エントリー応募は4月22日から、オンライン予選は4月26日から開始する。スケジュールなどを詳細は、公式サイトに記載されている。

エントリーキャンペーン
エントリーキャンペーン
ベストゴール投稿キャンペーン
ベストゴール投稿キャンペーン

All copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. (C)Konami Digital Entertainment

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]