logo

Facebook、音声SNSを提供へ--「Clubhouse」などに対抗

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月20日 09時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、一連の新しい「ソーシャル音声」サービスを今後数カ月の間にリリースする計画だ。新型コロナウイルスの感染拡大でますます人気を高めている「Clubhouse」などの音声チャットアプリに対抗する。

Facebookのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「音声も当然、第一級の媒体となり、さまざまな製品があらゆる分野にわたって構築されることになるだろう」と、Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は、グループチャットアプリ「Discord」を使った技術ジャーナリストCasey Newton氏との音声インタビューで語った。また、音声の人気が高まっている理由について、長い会話やマルチタスキングが可能なためだと考えているとした。

グループチャットアプリ「Discord」
Discordに登場したZuckerberg氏
提供:Queenie Wong/CNEET

 これらのサービスの1つ「Soundbites」は、短い音声クリップを録音して、写真やテキスト、動画と同じようにニュースフィードに投稿できるというもの。Zuckerberg氏によると、同社はClubhouseのようにライブ音声チャットを通じて、配信者の話を聞いたり配信者と交流したりできるツールにも取り組んでいるという。Facebookは、「Zoom」との競争の渦中にあった2020年にリリースしたグループビデオ通話機能「Messengerルーム」の音声のみのバージョンもテスト中で、2021年夏にリリースする予定だ。さらに、Facebookアプリでもポッドキャストを検索、再生できるようにすることを公式ブログで明らかにした。

 Facebookはまた、Spotifyと共同で別の音声機能も開発している。こうした新サービスのリリース計画は、人々が情報共有のためのさまざまな方法を模索する中、ユーザーの関心を引くためのソーシャルネットワーク間の競争が激化していることを表している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]