医療機関向け電子ペーパーIDカード、スマホで書き換え可能--ワクチン接種歴などを表示

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 E Ink Holdingsは、医療機関向け技術のIntelliCentricsと提携し、電子ペーパーを使ったスマートなIDカードの開発に取り組んでいると発表した。病院などの医療機関において、スタッフや患者、見舞いに訪れた人などの入場管理に使うことを想定している。

スマートフォンで表示を書き換えられる(出典:E Ink)
スマートフォンで表示を書き換えられる(出典:E Ink)

 このIDカードは、表示デバイスとして電子ペーパーを採用するため、紙やプラスチックのカードと違って表示内容の書き換えが可能で、繰り返し使える。表示中は電力を消費しないため、バッテリ駆動時間も長い。

 病院に入場する人は、スマートフォン上のアプリに必要事項を入力し、Bluetooth経由でIDカードに情報を送信。すると、IDカードの表示がその人物の情報に書き換えられる。

 IDカードの形状なので、目視による身元確認が可能だ。さらに、IntelliCentricsの医療機関向けシステムと連携させることで、入退場の管理も容易になる。

 IDカードには、対象者の氏名や顔写真だけでなく、必要に応じて健康状態やワクチン接種状況、移動履歴といった情報も表示できる。E Inkは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策などにも有効としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]