ファーウェイ、制裁中でも増収増益--ただし中国外では軒並み減収

Campbell Kwan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年04月02日 10時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術(ファーウェイ)は、世界各国で禁止措置を受けたにもかかわらず、2020年度も黒字となり、純利益646億元を計上した。しかし、中国以外の市場での成長には急ブレーキがかかった。

 売上高が増加した地域は中国のみで、前年比15.4%増の5849億元だった。一方、欧州、中東およびアフリカ(EMEA)では12.2%減、アジア太平洋では8.7%減、米州では24.5%減となった。総売上高は3.8%増の8914億元。

 米商務省は2019年、ファーウェイが米国の国家安全保障や外交政策上の利益に反する活動に関わっている可能性があるとして、同社を「エンティティリスト」に追加した。これによりファーウェイは「Google Play」ストアなどGoogleのサービスを利用できなくなった。

 企業がエンティティリストに追加された場合、米国の企業は政府から輸出ライセンスの承認を得ない限り、その企業に技術を移転することを禁じられる。

 ファーウェイの通期営業利益は5年以上ぶりに減少し、2020年度は725億元となった(2018年度は733億元、2019年度は778億元だった)が、純利益は経費削減により微増を維持した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]