logo

アップル、独立系アーティストを支援する音楽配信のUnitedMastersに出資

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年04月01日 13時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが音楽配信プラットフォームのUnitedMastersに出資したことが分かった。UnitedMastersは、作品の自主性を維持しながらリーチを拡大したい独立系アーティストを支援している。同社は米国時間3月31日、Appleが主導する計5000万ドル(約55億円)のシリーズB資金調達ラウンドを行ったことを明らかにした。これにはAlphabetとAndreessen Horowitzも出資した。

iPhone SE
提供:Angela Lang/CNET

 UnitedMastersは、音楽業界の有力者Steve Stoute氏が2017年に立ち上げた、独立系アーティスト向けの新たなタイプのプラットフォームだ。同社は新たな資金の調達に加え、Appleとの「戦略的提携」も開始し、同プラットフォームを利用するアーティストに劇的な新しい機会を創出するという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]