logo

グーグル、書類をデジタル化して自動整理する「Stack」アプリを試験公開

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年03月31日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月30日、文書の整理や管理をデジタルで支援する新たな実験的アプリ「Stack」をリリースした。レシートや請求書、身分証明書など、さまざまな書類の写真を撮ると、Stackは自動的にスキャンして、名前を付け、分類する。書類の中で最も重要な情報(期日など)を特定し、引き出して、必要なときに簡単に見つけてアクセスできる。

アプリで簡単に文書整理
提供:Google

 ユーザーは、書類の全テキスト(タイトルのみではない)を検索し、必要な情報を素早く見つけることもできる。またこのアプリは、ファイルのコピーを「Google Drive」に保存できるため、Stackを使わなくなってもデータにアクセスできる。

 説明の通りなら、Stackは確かに便利そうだ。Stackについて発表したブログ記事によると、まだ実験段階であり、処理がうまくいかない可能性もあるという。アプリを使い始める際に、ログイン時の顔や指紋による認証を必須にするなど、セキュリティをカスタマイズすることもできる。

 StackはGoogle社内のインキュベーター部門Area 120から生まれた。Google CloudのチームDocAIと協力したという。このチームの人工知能(AI)が、大量の文書を分析する上で役立っている。Googleが2018年に買収した教育関連の新興企業Socraticの創業者らがStackに取り組んでいる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]