新型コロナウイルス関連

FacebookとTwitterはワクチン誤情報への対策強化を--12州の司法長官が求める

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2021年03月25日 13時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国で12州の司法長官がFacebookとTwitterに対し、新型コロナウイルスのワクチンに関する誤情報への対策を強化するよう求めている。Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏とTwitterのCEOであるJack Dorsey氏に宛てた3月24日付の書簡で、司法長官らは両プラットフォームに対し、新型コロナウイルスの感染対策のため、ワクチンの誤情報に対して自社の規則を徹底するよう求めた。

Zuckerberg氏
提供:Getty

 書簡には、「両社のプラットフォームを通して広がる誤情報でワクチン忌避が拡大している。これは経済回復を遅らせるうえ、さらに重要な点として、助かるはずの命がさらに奪われるという結果を招く」とある。

 書簡では、ワクチン接種反対派の主要人物のアカウントが削除されないこと、FacebookグループとFacebookページの誤情報に対するラベルとポップアップの適用が一貫していないことなど、懸念される点を具体的に指摘している。

 この書簡は、米国時間3月25日に行われる連邦議会の公聴会に先立って送付された。公聴会では、Zuckerberg氏、Dorsey氏、さらにGoogleのCEOであるSundar Pichai氏が、誤情報に関する質問に答えることになっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]