logo

テスラ車がビットコインで購入可能に--まず米国から

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年03月25日 10時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏が、近くビットコインで新型Teslaを購入できるようにすると発表して波紋を呼んだのは、2月上旬のことだ。Musk氏は米国時間3月24日早朝、同社がビットコイン決済の受け付けを開始したとTwitterで発表し、「Teslaに支払われたビットコインはビットコインとして保持し、不換通貨に換金しない」とした。

 2021年内に米国外でも対応する計画だという。

 「Model S」「Model 3」「Model X」「Model Y」のいずれのモデルでも、同社のウェブサイトで項目を選択して自分の理想のTesla車を完成させると、支払いページには、予約金を支払うための「Bitcoin」ボタンが新たに表示される。100ドルの予約金は、約0.0018376BTCに相当する。

Tesla Model Y
提供:Tesla

 Teslaは2月、キャッシュリターンを最大化するために15億ドル相当のビットコインを購入した。これを受けて当時、ビットコインの価格は13%上昇した。Musk氏はこの数週間、ジョークとして生まれたドージコインを含めて、仮想通貨を公に支持しており、Teslaはビットコインへの投資に関する米証券取引委員会(SEC)への提出書類の中で、「デジタル資産を適宜、または長期的に保有する」予定だとしている。Musk氏を含めてTeslaの誰も、同社が将来的に他の仮想通貨を受け付けるとは述べていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]