logo

「HomePod mini」に温度・湿度センサーがあることが判明

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年03月23日 11時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが「HomePod mini」に部屋の温度と湿度を測定できる小型センサーをこっそり忍ばせていたと、Bloombergが米国時間3月22日に報じた。このセンサーはこれまで存在が明らかにされていなかったとみられるが、Appleのスマートホーム戦略を後押しするものになるかもしれない。

HomePod mini
提供:Chris Monroe/CNET

 「Siri」を搭載したスマートスピーカーのHomePod miniは、2020年11月に発売され、初代の「HomePod」が299ドル(日本では税込3万6080円)だったのに対して、99ドル(日本では税込1万1880円)という価格が付けられた。また、インターコムやステレオペアといった新機能が追加されている。Appleは12日、初代HomePodの製造を終了してHomePod miniに注力することを明らかにした。

 Bloombergによれば、Appleはこのセンサーで測定した温度や湿度の値をインターネットに接続されたサーモスタットに送信し、部屋の状態に合わせて温度を調整できるようにすることを社内で検討していたという。また、室温に応じて扇風機を動かすといったアクションをHomePod miniから起こせるようになる可能性もある。

 このセンサーはTexas Instruments製で、本体下部の電源ケーブルに近い場所に組み込まれているとBloombergは報じている。

 Appleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]