BMW、「MINI」の最終エンジン車は2025年発売--全モデルのEV化を2030年代の早い時期に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMW Groupは、小型自動車「MINI」シリーズの完全な電気自動車(EV)化に向けた計画を発表した。2025年発売予定のモデルを、MINIとして最後のエンジン(内燃機関)搭載車とする。2030年代の早い時期に完全EV化を目指す。

2030年代の早い時期にMINI全モデルをEV化(出典:BMW)
2030年代の早い時期にMINI全モデルをEV化(出典:BMW)

 MINIは、初代モデルが1959年に発売された人気シリーズ。約60年の歴史において、2020年発売の「MINI Electric/MINI Cooper SE」が初めてのバッテリ電気自動車(BEV)だった。

MINI Electric/MINI Cooper SE(出典:BMW)
MINI Electric/MINI Cooper SE(出典:BMW)

 なお、BMW Groupの手がけている自動車のうち、完全に電動化されるのはMINIが初のモデルになるという。

MINI Electricの紹介ビデオ(出典:MINI UK/YouTube)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]