森ビル、「ヒルズネットワーク」開発--履歴や位置情報から最適な街の情報を提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 森ビルは3月16日、都市のデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発したと発表した。4月5日より順次サービスを開始する。

 ヒルズネットワークは、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど、森ビルが管理、運営する「ヒルズ」のさまざまなサービスをデジタルプラットフォームでつなぎ、オンライン上での利用を可能とするサービス。

「ヒルズネットワーク(都市OS)」のイメージ
「ヒルズネットワーク(都市OS)」のイメージ

 ヒルズを利用する居住者、ワーカー、来街者などを対象に、「ヒルズID」と「ヒルズアプリ」を提供し、オンラインでのサービス利用が可能になるほか、利用者の属性、施設の利用履歴、位置情報などのデータに基づいて、利用者ごとに最適化した情報を配信する。

 現在推進中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」や「虎ノ門ヒルズエリア」においては、ヒルズネットワークによって統合された施設・サービスと、利用者のデータ基盤をベースとし、さまざまな最先端技術を実装する予定だ。

「ヒルズアプリ」の機能
「ヒルズアプリ」の機能

 森ビルは、都市機能が集積したコンパクトシティとして、1986年に「アークヒルズ」をオープン。2003年には六本木ヒルズをオープンし、タウンマネジメントの手法で街と人をつなぎ、街に住み、働き、訪れる人とともに、街のコミュニティを育んできたという。

 今回のヒルズネットワークにより、デジタルプラットフォームでヒルズをつなぎ、森ビルが長年にわたって取り組んできた、より便利で、より豊かな都市生活、および顧客体験の提供を加速させたい考えだ。

今後のスケジュール
今後のスケジュール

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]