現実空間に立体映像、裸眼で楽しめる投影装置を開発--リコー、新事業創出へ

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2021年03月09日 15時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは3月8日、ゴーグルなどなしに裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。新事業創出に向けたプログラム「TRIBUS 2020」において、同社のチームが手がけたもの。まずはデジタルサイネージ用途に向け、3月から「WARPE」(ワープイー)ブランドとしてビジネスパートナーを募り、市場探索を開始する。

子どもから大人まで、どの角度でも裸眼で見られる立体映像

360度全方位から完全立体で視聴できる新サイネージ
360度全方位から完全立体で視聴できる新サイネージ

 同投影装置は筒状で、大人が見下ろした程度の高さに映像が浮かんで映し出される。現時点では人の頭のサイズ(直径200mm、高さ250mm)で立体映像のカラー動画表示が可能だ。

 裸眼で立体映像が見られるしくみは、装置の真下から上に向けて光を投射し、独自開発した特殊な回転スクリーンに当たった光の残像で立体映像を表示させる。コンテンツは、FBXなど一般的な既存の3Dモデリングデータをもとに作成でき、独自変換をかけることで映し出せる。

裸眼で立体映像が見られるしくみ
裸眼で立体映像が見られるしくみ

 他社にも同様に裸眼で見られる立体映像装置はあるが、視野角が狭く、後ろに回り込むと見えないことがある。WARPEは、全方位から立体映像を見られることを特徴とし、大人から子どもまでどの角度でも立体映像が楽しめる。

WARPEでXR市場の拡張を目指す
WARPEでXR市場の拡張を目指す

新たな集客力向上へつなげるデジタルサイネージ

 開発にあたっては、三次元酔いを起こさずに、現実空間に実在するような完全立体表示を実現することにこだわったという。映像は、現時点で約3.7億ボクセル(三次元像を構成する画素の数)のカラー動画立体表示を実現する(フルハイビジョンの平面映像では、二次元像を構成する画素の数は約207万画素)。


 同社によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響でEC化が急速に進み、小売店やショールーム、展示会などのリアルな場所では、集客力向上のための新たな価値の創出が課題となっているという。

 このような状況を受け、リアルの場所は物を展示・販売するだけの場から、デジタルと融合した体験を提供する場への急速な変化が求められている。

 世界的に急増している仮想空間の三次元デジタルコンテンツを、現実の世界に同化するかのように立体投影し、顧客とコミュニケーションをすることで、新たな体験価値を提供できるとしている。

利用する想定シーン
利用する想定シーン

 同社では、同投影技術による立体映像の認知度拡大と市場性の検証を進め、2022年度中の実用化を目指す。

 さらに将来的には、働く場における立体映像によるリモート会議や立体構造物のシミュレーションやモデリング支援、教育分野における立体構造把握支援、エンターテインメント、家庭用バーチャルアシスタントなど、幅広い用途での使用を想定する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]