KDDI、新料金プラン「povo」を3月23日に提供へ--早期申込で家族割のカウント対象に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラー電話は2月25日、オンライン契約専用の新料金プラン「povo(ポヴォ)」について、3月23日より提供を開始すると発表した。申込方法については、別途ホームページにて案内するほか、povo先行エントリーキャンペーンに登録することで、個別にSMSでも通知する。

 povoは、20歳以上の個人を対象とし、月間データ容量20GBを月額2480円(税込2728円)で利用できる新料金プラン。申し込みはオンライン限定で、契約事務手数料と契約解除料は0円。対応端末は、auブランドとして提供しているVoLTE対応のAndroid端末とiPhone 8以降のiOS端末となる。

 無料通話分は設定されておらず、国内通話は税込22円/30秒が発生するが、オプションとして「5分以内通話かけ放題」(税込550円/月、超過分は22円/30秒)、「通話かけ放題」(税込1650円/月)、「データ使い放題24時間」(税込220円/24時間)、「データ追加1GB」(税込550円/1GB)などを用意。povoでは、オプションを「トッピング」と表記しており、専用のアプリから簡単にトッピングのオン・オフを設定できる。

 SMSについては、 1通あたり3円(70文字まで)で利用可能(受信は無料)。機種により最大全角670文字まで送信できるが、全角134文字までは2通分、それ以降は全角67文字ごとに1通分の送信料がかかる。

2021年夏までの契約で「家族割プラス」のカウント対象に

 povoの発表当初、「家族割プラス」の家族人数のカウント対象外とされていたが、2021年夏までに契約することで、早期申込特典として「家族割プラス」の家族人数のカウント対象になるという。

 例えば、3人家族のうち2人がauの「使い放題MAX 5G」を契約し、1人がpovoを早期申込特典期間に契約した場合、「家族割プラス」の割引が適用される利用者の割引額は、auを3回線契約している場合と同様となる。

 なお、「auスマートバリュー」「家族割(家族間通話料・SMS利用料の割引)」「スマイルハート割引」は割引き対象外。「キャリアメール」と「留守番電話サービス」については利用不可となるが、「国際ローミング」については提供を予定している(開始時期は別途発表)。

 そのほか、「かえトクプログラム」については、auからpovoへの移行後も継続して利用でき、「キャリア決済」(auかんたん決済)についても利用可能となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]