トヨタ、あらゆるモノやサービスがつながる未来の実証都市「Woven City」建設で地鎮祭

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車とトヨタグループでモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスは2月23日、トヨタ自動車東日本(TMEJ)東富士工場跡地に隣接する旧車両ヤードにて、「Woven City」建設のための地鎮祭を実施したと発表した。


 同社では、人々の暮らしを支えるあらゆるモノ、サービスが情報でつながっていく時代を見据え、技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを狙いとし、2020年1月に米国・ラスベガスで開かれたCES2020において、Woven Cityの建設を発表していた。

 地鎮祭には、静岡県知事の川勝平太氏や裾野市長の髙村謙二など、地元関係者のほか、同社社長の豊田章男氏、ウーブン・プラネット・ホールディングスCEOのジェームス・カフナー氏、TMEJ社長の宮内一公氏などの関係者が出席し、安全を祈願した。

 Woven Cityは、ヒト中心の街づくりの実証プロジェクト。同社が自動車会社からモビリティカンパニーへの変革を目指す中、プロジェクトでは自動運転、パーソナルモビリティ、ロボット、人工知能(AI)技術など、さまざまな領域の新技術をリアルな場で実証していく。加えて、世界中のさまざまな企業や研究者と一緒に取り組む機会としていく予定。

 また、地上に自動運転モビリティ専用、歩行者専用、歩行者とパーソナルモビリティが共存する3本の道を網の目のように織り込み、地下にはモノの移動用の道を1本つくるという。初めに高齢者や子育て世代の家族、発明家を中心に360人程度、将来的には同社の従業員を含む2000人以上の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた発明がタイムリーに生み出せる環境を目指す。



CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]