新型コロナウイルス関連

NY州司法長官、アマゾンを提訴--従業員のコロナ対策を怠る

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月18日 10時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク州のLetitia James司法長官は米国時間2月16日、同州の倉庫で勤務する従業員の新型コロナウイルス対策を怠ったとしてAmazonを提訴した。

2020年3月、ニューヨーク州スタテン島にあるAmazonの施設の外で抗議活動をする倉庫従業員ら
2020年3月、ニューヨーク州スタテン島にあるAmazonの施設の外で抗議活動をする倉庫従業員ら
提供:Angela Weiss/AFP via Getty Images

 「未曾有のパンデミックの期間を通して、Amazonは、ニューヨークの同社施設におけるウィルスの感染拡大から従業員を保護するために、合理的かつ適切な対策を講じるという義務を、繰り返し継続的に怠った」と、James氏はニューヨーク州最高裁判所に提出した訴状で述べた。

 さらに、「Amazonが健康と安全に必要な対策を著しく軽視していることにより、それらの施設で働く数千人の従業員は深刻な疾病と重大な損害の脅威にさらされ、公衆衛生は甚大で具体的な危険に継続的にさらされている」とした。

 今回の提訴のわずか3日前には、James氏がニューヨーク州にある同社倉庫のコロナ対策を規制しようとしていることは権限の逸脱だとして、Amazonが同氏を提訴していた。Amazonは訴状の中で、同社は専門家を雇い、手指消毒ステーションを設置し、互いに6フィート(約1.8m)の距離をとることを従業員に促すための目印を掲示したと述べていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]