logo

ソニー「Xperia PRO」レビュー、多機能で玄人向けの5Gスマホ(後編)

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年02月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編に続いて、ソニーのハイエンドスマートフォン「Xperia PRO」のレビューをお届けする。

Zoomのとき優秀なテレプロンプターモニターになる

 もちろん、おもしろい使い方はほかにもある。Xperia PROのHDMI入力はカメラ以外にも使えるので、Zoom会議のときにも理想的なツールになるのだ。Zoom会議のときには、コンピューターに内蔵されたカメラを使うことが多いだろう。だが、このコロナ禍で多くの人が気づいたように、Zoomには外部カメラを使った方がずっといい。ただ、外部カメラを使うと残念な点もある。会議の相手を見るためには、コンピューター画面の方を見なければならないことだ。

 筆者はZoom用の外部カメラとして、アダプターを介してコンピューターに接続したパナソニックのLUMIX S1Hを使っている。アダプターをもうひとつ使えば、Xperia PROのmicro HDMIポートにコンピューターを接続することができる。こうすると、Xperia PROが6.5インチの外付けディスプレイになるので、コンピューターに映る内容はすべてXperia PROの画面上に映る。

Zoom会議用の構成
提供:Patrick Holland/CNET

 筆者は、カメラレンズの端に取り付けられる小型のテレプロンプタースタンドを持っている。これがスマートフォンの重量も支えられるので、コンピューターに接続したXperia PROをこのスタンドに取り付けてみた。こうすると、カメラの方を見るだけで、コンピューター画面の内容もすべて見られる。つまり、相手が映っているZoom画面をXperia PROとテレプロンプターに表示すれば、視線が行ったり来たりするあの変な動きを見せずに済むというわけだ。これは、Zoomビデオや、録画を想定したビデオチャットのときに威力を発揮する。専用カメラで高画質を確保したうえで、相手の顔を見るたびに視線がそれてしまうことがなくなるからだ。

4K動画のライブストリーミングを5G経由でブロードキャストできる

 Xperia PROは、米国ではソニー初の5Gスマートフォンとなる。5Gとmicro HDMIポートを組み合わせて使用すれば、専用の外部カメラからYouTubeやTwitchなどのソーシャルメディアプラットフォームに直接動画コンテンツをライブストリーミングすることができる。つまり、ソニーのカメラ「α7S III」と質の良いレンズを使って4K動画を撮影し、その場で5G(最速の5Gであるミリ波が望ましい)経由で、使用中のブロードキャストプラットフォームにXperia Proから動画信号をアップロードする、といったことが可能だ。

Xperia PRO
Xperia PROはスマートフォンであり、カメラモニターでもあるほか、ライブ配信デバイスであり、写真ファイル転送ツールでもある
提供:Patrick Holland/CNET

 筆者が試したXperia PROは生産開始前のモデルであり、ミリ波の5Gのみに対応していた。撮影場所の近辺ではsub-6の5Gしか提供されていなかったので、Xperia PROでは利用できなかった。完成版では、sub-6とミリ波の両方の5Gがサポートされる。Xperia PRO本体に搭載されたカメラを使用してライブストリーミングすることも可能だが、はるかに高画質の専用カメラを使える機能があるのだから、それを利用しない手はないだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]