logo

マスクCEOが予告した約260万円のテスラEV、中国製で世界各国に販売へ--中国支社長

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年02月10日 13時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Tesla中国支社のプレジデントであるTom Zhu氏の発言は、手頃なTesla車を待ち望んでいる人々を熱狂させるかもしれない。同氏は中国の国営通信社である新華社通信のインタビューで、近く登場予定の2万5000ドル(約260万円)の電気自動車(EV)が世界各国で販売される予定だと語った。


 2月9日にYouTubeで公開されたこのインタビューで、Zhu氏は、近く登場する車は中国を意識した設計になると述べた。同氏によると、Teslaが米国外で初めて設置した中国の製造拠点の研究開発センターで準備を進めており、同拠点がこのグローバルモデルのすべてを担うことになるという。Zhu氏はさらに、「車両の設計、車両のエンジニアリング、車両の開発、車両のテスト」がすべて新施設で行われると述べた。

 Zhu氏は、Teslaが世界各国での販売を目指す中国製EVについて、この研究開発センターが出発点だと述べたが、新モデルの形状に関する詳細は明かさなかった。最高経営責任者(CEO)のElon Musk氏は、過去に2度ほど、これがセダンタイプの「Model 3」を土台にし、ハッチバック型になる可能性をほのめかした。ただし、Teslaは過去にシティカーのスケッチも披露したため、Model 3を大幅に小型化したものになるのではとの憶測を呼んでいる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]