「Android 12」、社内文書が流出か--新ウィジェットやプライバシー機能の可能性

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月10日 10時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは最新モバイルOS「Android 12」を2021年内にリリースする予定だ。例年のスケジュール通りだとすれば、パブリックベータ版を今後数週間のうちにリリースするとみられる。そのリリースを前に、技術サイトXDA Developersは米国時間2月8日、Android 12の新機能を示している可能性のあるスクリーンショットを公開した。

Pixel 5
提供:Stephen Shankland/CNET

 これらのスクリーンショットは、主要パートナーに対してAndroid 12の変更点を概説する、流出したGoogle社内文書の初期ドラフトに含まれているという。XDA Developersが伝えているように、流出文書もスクリーンショットも本物かどうかは確認されていないので、うのみにするべきではない。

 この流出文書が本物であるとすれば、Android 12には、新しいウィジェットと便利なプライバシー機能が追加されることになる。アプリがカメラやマイクを使用する際には、必ず警告が表示されるようになるほか、刷新されたプライバシー設定メニューによって、カメラ、マイク、端末の位置情報へのアクセスを無効にできる。

 また、出られなかった通話、最新メッセージ、アクティビティーステータスを表示する、新しい会話ウィジェットが追加されるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]