logo

Twitterの音声チャットルーム「Spaces」を日本でいち早く体験--Clubhouse対抗になりうるか

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本でも話題沸騰の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」をご存じだろうか。何が起きるかわからないライブ感がユーザーを熱狂させ、多くのユーザーを睡眠不足に陥らせている。音声チャットの魅力に皆が気づくなか、筆者は新たな音声チャットサービスを体験する機会を得た。Twitterの音声チャットルーム「Spaces(スペース)」だ。

 Twitterは2020年夏より音声ツイートのテストをしており、12月にSpacesのベータテストを開始した。音声による会話がストーリーの伝達や感情の共有に対して効果的であることを学んだため、音声で会話できるSpacesのベータテストを開始したという。現在は不特定多数の限定された人々にだけ提供されている。

 Spacesの基本機能は、音声チャット、リアクション絵文字、ツイートの共有だ。音声の自動文字起こし機能(字幕機能)もテストされているが、現在は英語のみ。対応OSはiOSだ。

 Spacesを作成するには、ツイートボタンを長押し、もしくはフリート作成画面から作成する。Spacesを作成した人は「ホスト」となり、ホストはDMやツイート、他の場所でリンクを共有することでユーザーに参加を促すことができる。ホストはリスナーに発言を促したり、「発言できる参加者」にしたりすることができる。

 Spacesは「全員」「フォローしているアカウント」「発言者として招待したアカウントのみ」という3つの公開範囲で作ることができる。「全員」に設定したSpacesであっても、フリートと同じ箇所にSpacesが表示される形式であるため、ホストと発言者をフォローしているユーザーが気づいて入室することとなる。また、ツイートのシェアなどで知ったユーザーが入ることも可能だ。

「Spaces」のベータテストに参加--使い方を紹介

 それでは、実際に試した様子をレポートしよう。

 筆者がTwitterを眺めていたところ、ベータテストに参加しているユーザーから突然Spacesへの参加を促された。それが下の画面だ。参加者は、「リスナー」か「発言できる参加者」のどちらかを選択して参加できる。動揺しているうちに、DMでも招待を受けた。最初はリスナーで参加したが、マイクへのアクセスを許可して「発言できる参加者」になった。

(左)Spacesは参加するときにリスナーか発言できる参加者かを選ぶ、(右)ホスト、発言できる参加者、リスナーが集まったところ
(左)Spacesは参加するときにリスナーか発言できる参加者かを選ぶ、(右)ホスト、発言できる参加者、リスナーが集まったところ。現在開発中のため文字などが被って表示されてしまう箇所があるとのこと

 音声は非常に快適で、スムーズに会話できる。ホストが部屋で流している音楽も心地よく聞こえた。発言に対してリアクションしたいときは、絵文字アイコンをタップすると、スタンプを選択できる。スタンプはユーザーのアイコンの上に表示される。誰がどのスタンプを押したのかがわかる仕組みになっている。

(左)リアクション絵文字は5種類用意されている、(右)「発言をやめる」でリスナーに戻る
(左)リアクション絵文字は5種類用意されている、(右)「発言をやめる」でリスナーに戻る

 ホストだけでなく、発言者もメニューから他のユーザーを「DMで招待」「ツイートで共有」「リンクをコピー」できる。発言をやめたいときは、「発言をやめる」ボタンを押すことで自身でリスナーに戻ることができ、右上の「退出」ボタンを押すとスペースから抜けられる。「字幕を表示」をオンにすると、会話の内容が表示されるそうだが、現在は英語のみ対応しているという。

 なお、参加メンバーのアイコンをタップすると、そのユーザーのプロフィールと、フォローするボタン、ブロックまたは報告の項目が下から現れる。ただし、この画面上ではその相手のフォロワー数などは表示されなかった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]