logo

KADOKAWA、サイバーエージェントとソニーから約100億円を調達--IPの強化に活用

佐藤和也 (編集部)2021年02月04日 17時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KADOKAWAは2月4日、同日開催の取締役会において、サイバーエージェントならびにソニーを割当予定先とする第三者割当による新株式の発行について決議したと発表。調達金額は99億9999万9250円。

 284万4950株を新たに発行し、サイバーエージェントとソニーそれぞれ142万2475株を割り当てる。調達資金については、新規IPの創出・開発・取得ならびに、既存IP活用の最大化にそれぞれ50億円を充当するとしている。

 サイバーエージェントとは今後、両社の事業・ノウハウ等の強みを活かしつつ、サイバーエージェントが持つスマートフォン向けゲームの開発・運用力と、KADOKAWAのコンテンツ力を組み合わせ、IPのグローバル・メディアミックスをより強力に推進すべく、両社の事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進めていくという。

 またソニーとは今後、ソニーグループとKADOKAWAの事業・ノウハウ等の強みを活かしつつ、ソニーグループが有するアニメやコンシューマーゲームのグローバルな展開力と、KADOKAWAのコンテンツ力を組み合わせ、IPのグローバル・メディアミックスをより強力に推進すべく、事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]